スポンサーサイト

--.--.--.--. --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vivre sa vie + mi-yyu でお買い物しちゃった。

2009.01.26.Mon. 21:35 北海道のお店・スポット
小樽らしいふる~い建物で1年半ほど前にオープンしたというお店。
雑貨好きにはたまらない品揃えで、フランスをメインに北欧やロシアのもの、
北海道の作家さんの作品もうつわからアクセサリーまでいろいろ。

ヴィヴレサヴィ+ミーユ

悩んだ末、クラウン柄のぺたんこトートバッグとカードたくさん、
お花と小鳥モチーフのレースをいくつか。
演劇の台本とかA4の書類が入るバッグが欲しかったからちょうどよかった!
モチーフはなにかを作るのに使おうと思っているけれど
なにかがなにになるかはまだ、未定。考えるのがまた楽しいんですよね。
お会計のとき、お店の方に「その帽子かわいいですね~」と声をかけていただきました。

実は仕事でない限り知らない方と会話を始めるのが苦手な私は、こういうのすごく嬉しい!
「かっ、CA4LAのなんです!」からぎこちないキャッチボール(ぎこちないのは私だけですが)をし、
最終的には小樽市内で他におすすめの雑貨屋さんまで教えてくださいました。

私の服装や選んだ商品を見て(だと思うのですが)
「そのお店もきっと好きだと思うから。行ってみて~」
って、他のお店の紹介するなんて…(^^)
とっても気さくな方でした。

カメラの勉強をしていて時々店内の写真を撮りにくるという学生さんたちも来ていたし、
きっとお店の方のお人柄もあっていろんな人が訪れるのでしょう。

それから多分、人だけじゃなくて雑貨も。
外国のカードもアクセサリーも絵本も、お店においてくれる人を選んでやってきてる…
なんてことを大真面目に考えてしまう、魔法がかかったような雰囲気があるお店です。


●vivre sa vie + mi-yyu (ヴィヴレサヴィ プラス ミーユ)
小樽市色内2-4-7
0134-24-6268
11:00~18:00
月曜、第3火曜定休

「vivre sa vie」はフランス語で「人生を生きる」「生活を楽しむ」という意味なんだそう。
あのお店作りにそういう気持ちがこめられているんだ…と思うと嬉しくなります。

今度はお店の中も撮影させてもらおうっと。
紹介してもらったお店も近いうちに行きたいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://megmi1005.blog19.fc2.com/tb.php/275-4e80f046 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。